『酒をやめたいヒト』が読む断酒ブログ。 卒酒~わたしお酒やめました~

みんなで気持ちをわかちあい、励ましあいながら断酒(飲まない自分)にチャレンジする、コミュニティサイト『Dansyuひろば』管理人のブログです。

『お酒がないと生きていけない』なんて、そんなのただの思い込みだった。

 

 

『断酒』がわたしに
教えてくれたこと。

それは、
『お酒を飲まなくても、
ヒトは生きていけるんだよ』ということ。

毎日飲んでいたころは、
『酒がなければ、わたしは生きていけない』
と思っていました。

『お酒がないと、生きて行けない』
本気でそう思っていました。

日々の生活の中で、
ツライことがあったり、
苦しいことがあったり、
悲しいことがあったり、

怒りを感じることがあったり、
腹の立つことがあったり、

我慢しなければならなかったり、
耐えなければならなかったり、

思うようにならなかったり、
失敗したり、

想像もしていなかったことが起こったり、

家庭でもそう、
職場でもそう、
ご近所のことでもそう、

なんだか、
色んなことがあって、
本当にもう、
色んなことがあって、

わたしはもう、
そんな生活の中では、
お酒を飲まないと、
1日1日を
やっていけないと思っていました。

思い込んでいました。

だから、
お酒を飲んでいました。

 

スポンサーリンク




 

ヘトヘトになって
仕事から帰ってきて、
今日一日あった出来事を、
一刻でも早く、
過去のものとしてしまうために、

ビールの缶を空けた。

飲んだら、
『忘れることができた』から。

そして、
気を失うがごとく、
眠りにつく。

そんな生き方を
何年も続けていた。

今日で、
お酒をやめて、
1173日目になりました。

帰宅して、酒を飲まなくても、
『なんともない』

生きてる。

『だからどうしたって』って思う。

つらいとか、
苦しいとか、

怒りとか、
我慢しなければならぬとか、

もう、耐えられないとか、

一体、
あれは何だったのだろうか。

わたしは、
『酒を飲まなくては
生きていけない』のではなかったか?

お酒は体に悪いが、
心にも、
とても悪いと聞く。

どんどん、どんどん、
悪い方へ
悪い方へと向かう、
思考回路になるのだそうだ。

アルコールは、
脳を萎縮させるなど、
脳に悪い影響を与える。

それが、
こういうことだったのだろうかと、
最近、強く思う。

『お酒をやめてよかったなぁ』と、
今日も思う。

アルコールにおかされた脳のせいで、
わたしの心は荒んでいたのだと、
今は思う。

お酒の入っていない体は
心地が良い。
頭も心地よい。

思考も心地よい。

素晴らしい。

人生が、
こんなに素晴らしいとは、
酒をやめなければ、
気がつかなかっただろう。

~みなさまに、
酒と無縁な、
健康で快適なすばらしい時間が
おとずれますように~

 - 酒をやめてよかったこと