『酒をやめたいヒト』が読む断酒ブログ。 卒酒~わたしお酒やめました~

みんなで気持ちをわかちあい、励ましあいながら断酒(飲まない自分)にチャレンジする、コミュニティサイト『Dansyuひろば』管理人のブログです。

『断酒』のうれしい効果とは、『食生活』の圧倒的な変化。

 

 

先日、このブログへ設置してある
『拍手ボタン』のコメント欄より、

断酒後の『食生活』について、
ご質問をいただきました。

今回は
そのお返事を含めた
『食生活』について、
書きたいと思います。

 

 

【ご質問内容】
禁酒を考えていたところ、こちらにたどり着きました。
365日、深夜にドカ食いをしてしまいます。
体重は着々と増加中です。
管理人さんは断酒した後の食生活はどのようにしていますか?
普通に食べていますか?
夕飯も普通に食べてますか?
ブログを読んで、私もがんばろうと思い始めました。

 

 

コメント
ありがとうございます。

わたしも『365日飲酒』だったころは、
毎晩遅くに
ものすごく『おなか』が減ってしまい、
深夜にドカ食いをしていました。

酒で酔っ払ってると、
『こんなことしてたら太る』
という気持ちがあっても、

いいんじゃ
いいんじゃ~

食っちゃえ
食っちゃえ~

というのが
頭の中に
ドドーンとやってきて、
『食欲大開放』

すると、
『酔っ払った頭』で思いつく
ありとあらゆる『食べれそうなもの』を
冷蔵庫から引っ張り出してきて、
食べつくしてしまうワケです。

あーぶるぶるぶる

なんてオゾマシイ
光景。

そして
『何も知らず』に
翌朝、目覚めたわたしは

まずもって、
『胃もたれ』に
グッタリ。

朝から気持ちが悪い
胸がムカムカする。

だから
朝ごはんなんて
食べれるワケがない。

そして、
気持ちが悪いまま
台所へ行って、

さらに
ビックリたまげるのです。

ええええー!?

冷凍食品の
『甘辛カラアゲ』

一袋食ってる~!

ガーン!!

その
『空き袋』を見たときの
『衝撃』といったら、
ありゃしません。

記憶にない。
ホント記憶にない。

ただ、
うっすら覚えているのは、

食べたくて
食べたくて
『レンジでチン』をしたところまでは
記憶にある。

だけど、それを
『全部食いあげている』だなんて

えーっ
まじかよーっ!

信じられなーいっ

信じられないけど、
わたしゃ
食っちゃったんだー

うあああああ~

『食べたこと』は
『なかったこと』には
できませんでした。

だから
わたしは

どんどん
どんどん。

身長は『159cm』のまま
どんなに姿勢をのばしてみても
『160cm』には届かないのに、

体重は
はるか昔に55kgを越え、

あっという間に
60kgの壁を突破。

そうすると、
63kgも
65kgも同じだなぁと。

なんでしょうか、

ああいうのを
『慣れる』いや、
『マヒする』っていうんだろうか

でもさすがに
68kgになると
『ドン引き』な自分に気がつきました。

まさに
がけっぷち。

『未知の世界』へ
行くのか、
行かないのか?

200g、
300gの増減量が

ひじょーに
気になるようになりました。

がしかし、
次第に
ゆううつな気分になって、
『体重計』に乗らなくなったら、

あっというまに
猛スピードで

『未知の世界』である
『70kg台』へ。

わたしが体験した
『未知の世界』である
『デブの世界』は

ひじょーに
『おもしろくない』ことばかりでした。

もう
とんでもなく
『心』がすさびました。

わたしはもう、
自分の中で、
『あ~あ、終わったなぁ』と思いました。

『30歳代』と言えば、
敏感なヒトだと、
『20代のピチピチ』が消えていくのを
じわじわと
実感する年齢です。

あー
消えていく
消えていく。

『若さ』が
消えてゆく~

なのに
それとは
『反比例』して、
『体重ばかり』が増えていく。

あー
もうわたし
生涯最大級の『デブ』だし。

もう
『女として終わったな』と。

するとどうでしょう。

あー
もういいや~

どうせもう
若くないんだし―

わたし
『ばばあ』になってもいいやーと。

『あきらめ』ですね。
『開き直り』とでも
いうのでしょうか。

すると
『着るもの』が
どんどん、
どうでもよくなっていきました。

っていうか、
『入る服』が
『コレしかない』
という状態になっていきました。

あるとき
『Lサイズ』が
入らなくなりました。

ウェストが
69cm台を卒業し、

未知のサイズ
『70cm台』へ突入しました。

もう
おわりだー

止まらないねー

もうダメだーと。

服を脱ぐと、
『胸』と『ハラ』がかさばっていて、
さらに、
すんごい『下腹』が
目に飛び込んできました。

おどろきました、
この『下腹』には、
いったい
何が入ってんの!?と。

『お尻』も『太モモ』も
もーダメですね。

誰にも
見せられませんよ。

ブヨブヨです。

鏡を見るのが
ツラくなりました。

どんどん
どんどん
『自分の姿を』見るのが
イヤになっていきました。

そしてわたしは
ものすごく自分のことが、
『大嫌い』になっていったのでした。

酒を
毎日毎日
飲み続けたことで、

どんどん
どんどん

『ツライ自分』になって行ったのでした。

 

スポンサーリンク




 

さあそして、
わたしは
ある時『酒をやめると決心しました』

【酒をやめたきっかけについて。コチラの記事もどうぞ】
ゆっくりと しなやかに、自分にやさしく生きていく

 

1日、1日と
『飲まない日』を積み重ねていきました。

すると
どうなったと思いますか?

 

『食』に関する
意識が変わっていったのです。

『食生活が変わった』のです。

例えば、
今は
こんな夕食を食べています。

dsc04299

この日は、白菜がメチャクチャ高かったので『19円のもやし』を使ったひとり鍋を作りました。
もやしの下には、タラやミニホタテ、お肉などが入っています。
プレートの上は、山芋モズク酢、鳥むね肉のカレー煮込み、玄米おにぎり、漬け物など。
その向こうは、果物の盛り合わせ(柿、りんご、キウイ)。

 

料理はまったくもって
上手じゃないので、

大したものは作れません。

だから
ここ2年くらいは、
だいたい
こんなメニューで落ち着いています。

料理下手なわたしなので、
『完璧を目指さないこと』

これをモットーにしています。

『無理をせず、大事な栄養素が取れればそれでヨシ』なのだと。

わたしの場合、
会社員をしながら
主婦もしていますが、

『仕事』と『家事』の
『両立』が
とってもニガテなのです。

頭の中が、
『職場での出来事』で
いっぱいのときなどは、

夕食の
『メニューを考える』だけでも、
とってもシンドイ。

だから、
できるかぎり、
『夕食作りで苦しまない』ために、

あらかじめ
次のようなことを決めています。

①野菜たっぷりのひとり用お鍋を作ること。
②玄米ごはんでおにぎり1個作ること。
③卵・魚・お肉などで、ちょっとしたものを2品くらい用意する。
④漬け物(植物性乳酸菌GETのため)
⑤果物を片手に乗るくらいの量
⑥油は極力使わない。

 

家では、
極力『ヘルシー』を心がけているので、
揚げ物やコッテリ系は作りません。
(外食で食べることはあります)

しかし、
酒をやめて
突然、こういう食事になったワケではありません。

いろいろなことを
手探りでやってきました。

どういう食事が、
自分たち夫婦のからだに
あっているのだろうかと。

いろんなことを試しては、
続かず、

やめては、再び取り入れ、

そして
ようやくたどり着いたのが、
いまの『食生活』です。

酒を飲まないので、
『夜の時間』はタップリありました。

だから、
食事について、
いろんなことを考える
『気持ちの余裕』も少しずつ
出てきました。

これは
『飲酒暗黒時代』からは
想像もできないような
『わたし自身』の『圧倒的な変化』でした。

『断酒』の効果って、
スゴイ!!

あっはっはっ

はっきり言って、
うれしくて
笑いがとまりません。

イヒヒ。

さて、
長くなりましたので、
今回はココまで。

また今後も、
『食生活』については
書いていきたいと思いますので、

よろしければ、
またのぞきにきてくださいね。

それではまた!

~みなさまに、
酒と無縁な、
健康で快適なすばらしい時間が
おとずれますように~

 - 酒をヤメてからの食生活